久しぶりの更新です。

S藤プロが永眠されてから更新をしていませんでしたが久々の更新です。
我が家の30年以上前のドラムですが軽くしか叩けませんが流石にヘッド
が固くなっていて感触も音質もイマイチでした。
今回、ヘッドを交換することにしました。
これまではTAMAのCSヘッド(REMOのOEM版だと思います。)だったので
ただでも固い音だったので定番のミドルレンジまで落とすことにしました。
10、12インチのメロディタム(裏無し)。13、14インチのタム(裏あり)
14インチスネア、16インチのフロアタム、22インチのバスドラムです。
10~16すべてのタムは定番のREMOコーテッドアンバサダです。
スネアはREMOのファイバスキン3です。バスドラムは悩んだのですがEVANSの
クリアタイプのBD22GB3にしました。見た目は全てコーテッドに統一した方が
良い感じですがたまたま、在庫一掃セールで1000円以下で衝動買いをしてしまい
ました。バスドラム用は結構高いのとミュート目いっぱいするので良しとしました。
13,14,16のタムの裏側ですが予算もありましたがCSヘッドをそのまま
使いました。意外だったのが固いヘッドなのでサスティーンが抑えられてしまった
音質になりました。ヘッドの感触は柔らかいのに少し響きを抑えた固めの印象です。
裏面の締め方(今回は少し表よりきつめ)で音質は変わるので結構良い組み合わせ
ではないかと思います。
バスドラムはCSよりも少し柔らかめで音質は低めになりました。感じとしては
強めのヒットをしないと音がこもる感じですがこれまでより強めにヒットできる
のがいい感じです。
スネアですがファイバスキン3にしました。スネアはベースがラディックなので
ですがチューニングとしては好みですがまずまずという感じです。
素材のベースはアンバサダにカウスキンもどきにコーティングをしたもので自分の
イメージだと打感は少し固い感じがします。少し、誤算だったのがブラシにも対応
しているのですがザラザラ感が無いです。ザラザラ音を強く欲しい人には不向きか
と思います。
チューニングですが今回は基本のメロディタムを除いて電子ドラムにほぼ合わせました。
メロディタムは約3度ぐらいそれぞれずらしてセッティングしました。
打感もちょうど良い張り具合でチューニングができて結構気にいっています。
なので電子ドラム(アコースティック音)から移動して叩いても違和感がなくなり
ました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック